top of page

ご観覧ありがとうございました

再演のお話を頂いてから2ヶ月余り、また演奏できる喜びにドキドキしながら

合同練習に勤しんだ日々がついに12月5日、終幕を迎えました。


ああ、練習が終わって寂しいなあ・・・と、かなりの尚円ロス。

頭の中では、まだ楽曲がエンドレスで流れています (^^;


コロナ感染もやや収束を見せつつあるとはいえ、気を遣う状況の中

たくさんの方々が会場に足を運んでくださり、

惜しみない拍手を下さりました。



本当に、本当に、この瞬間が終わってほしくない、ずっと続いてほしい、

と思いながら、一曲一曲、演奏していました。

おそらく、参加メンバーの皆さんがそう感じていたのではないでしょうか。

最初の一音から全員の一体感がほとばしり、5年前とは違った力強さが響きました。


様々な楽器が奏でる音色を、ひとつの交響曲として製作された

「音楽の神」が乗り移っているのではないか?と思ってしまう

普久原恒勇先生の崇高な感性に、本番が終わった今も魂が揺さぶられています。


12月8日までオンラインでアーカイブ視聴もできますので、

この壮大な作品を、たくさんの方々に触れていただきたい!と思っています。

よろしければ是非、この感動をご一緒に・・・

↓↓↓











閲覧数:27回0件のコメント

Comments


bottom of page