top of page

伝統芸能選考会、沖縄タイムス社にて


当教室の生徒さん2名が挑戦しました。


この日のために続けた練習を糧に、完奏した達成感。

これはあの極限の緊張感を乗り越えた人にしか味わえない

貴重な経験ですね…


今年度の課題曲は本調子曲が「首里節」、二揚曲が「干瀬節」。


一緒に練習を重ねるほどに、昔節の大きな味わい深さが少しずつ

見えてきて、試験課題曲である意味に触れられたように感じます。

二揚曲の華やかで繊細な味わい、人の情感を表現する曲調も

唄う声の芯ら醸し出されるのだと改めて感じました。


試験の結果は気がかりですが、緊張の一日、

今日は本当にお疲れ様でした。









閲覧数:57回0件のコメント

Comments


bottom of page